新築戸建のインデックスへリフォームのインデックスへ商業施設のインデックスへ
前庭のある家
前庭のある家外観画像
・所在地 東京都中野区
・敷地面積 162.78㎡(約49坪)
・延床面積 138.93㎡(約42坪)
・構造規模 木造2階建
・家族構成 夫婦+子供2人
・施工会社 渡辺技建(株)
・造園設計 (有)彩苑
駐在で長くロンドンに住んでいたご家族が、帰国して住むための家。
住まいについて話し合ううちに、ご夫妻がロンドン時代の思い出を大切にしている気持ちが伝わり、インテリアのイメージが明確になった。 前庭も家づくりの重要な要素と考えた。

外 観

前庭のある家外観画像
外部の視線を気にせず生活できるよう、高い塀にしたが、完全に閉ざさずスリットを開けている。
単調な塀の隙間から緑が見えることで、歩いている人にも楽しんでもらえ、威圧感を和らげる効果をねらった。

門扉・アプローチ

前庭のある家門扉画像
玄関に続く門扉まわり。
ヨーロッパ的なデザインのアイアン門扉で来客を迎える。
前庭のある家門扉画像
門扉から玄関までのアプローチ。

前 庭

前庭のある家アプローチ画像
「ロンドン郊外の家のような、美しい庭をつくりたい」というご夫妻の希望で、庭の設計は造園家の栗田信三氏に依頼した。
奥はバーベキューなどを楽しめるスペースにも。

玄 関

前庭のある家玄関画像
玄関からエントランスを見る。
隣家に面した窓にステンドグラスが、視線を遮りながらインテリア性も高めている。
木の窓枠を太くして、クラシックなイメージに。
前庭のある家玄関画像
家の第一印象を決める玄関のフォーカルポイント。
外山家具のコンソールテーブルと、壁に飾っているプレートはイギリスのアンティークのファイヤーガード(暖炉の焚口を隠すための道具)。
前庭のある家玄関画像
リビングから見た玄関ホール。

リビング・ダイニング

前庭のある家リビング画像
リビング入り口のドアを開けて、目に飛び込んでくる風景。 子どもたちが小さいときに暮らしたロンドンの家を再現。
ダイニングの天井にはクラシックな田舎風の梁をあしらった。
前庭のある家リビング画像
ダイニングの窓越しに前庭の緑が見える。 庭に面する窓は木製サッシを使い、クラシックな雰囲気に。
前庭のある家リビング画像
窓は何通りかのカーテンの表情を楽しむためにレースを手前にしている。
掃き出し窓(右)のカーテンは引き分け式。 カウンター上の窓のカーテンはプレーンシェード。
前庭のある家リビング画像
ドレープとレースの組み合わせ。
前庭のある家リビング画像
ダイニング壁一面の収納カウンターは季節を楽しむ飾り台に。
前庭のある家リビング画像
カウンターの一部をパソコンコーナーに。
下をオープンにして椅子を入れ、使わないときは隙間にパソコンを収納。

キッチン

前庭のある家キッチン画像
リビングダイニングをクラシックなインテリアにするためにキッチンは独立型にして冷蔵庫などの家電を隠した。
カウンターは高めにして、コンロスペースを10センチ低くしている。 身長差のあるご夫婦が一緒にキッチンに立ちやすく、深鍋なども使いやすい。 背面カウンターの手前にパントリーがある。

寝 室

前庭のある家寝室画像
寝室はナイトテーブルを置く代わりに出窓を設けた。
本や時計などの小物を置くことができて便利。
外は洗濯物干し場。
前庭のある家寝室画像
寝室の壁面に設けたクロゼットは、取り込んだ衣類をすぐに収納できて快適。 ここにアイロンがけができるスペースも確保して家事を効率化。
前庭のある家寝室画像
成人した娘さんの寝室。
北側は天井の勾配により低くなっているので、座って書き物などをするカウンターを設けた。
梁を使って屋根裏風のインテリアに。
前庭のある家寝室画像
高校生の息子さんの寝室。
階段から、ベッド代わりのロフトにつながっている。
広さはないが高さを利用して、圧迫感のない空間に。

階段・廊下

前庭のある家階段・廊下画像
階段と廊下の両側の壁を本棚として利用。
家族で共有でき、通るときに目に入るので手に取りやすい。
天窓から光が差し込む明るいスペースなので手にした本はここでも読める。
前庭のある家階段・廊下画像
手すりにアイアン製の飾りをあしらった窓を設けて、少しクラシックな印象に。

水回り

前庭のある家の水回り画像
トップライトのある明るい洗面室。
洗面台の側面と背面に、収納をたっぷり設けた。 
カウンター下はオープンなので、椅子を使ったり、洗濯カゴや体重計などを置くこともできる。 上部は関節照明。
前庭のある家の水回り画像
トイレの窓にもステンドグラスをあしらい、外からの視線を遮っている。
間接照明を使って光をやわらかくした。

バルコニー

前庭のある家バルコニー画像
ダイニング前のバルコニー。
ハーブを植えたコンクリートの花壇はキッチンガーデンになっている。
前庭のある家バルコニー画像
バルコニーから、前庭を見下ろす。

前庭のある家の外観画像
オーナーズボイス
土地を購入して家を建てるにあたり、ハウスメーカーや工務店に頼むより設計士に頼んだほうが希望に近い家ができるのではと漠然と思っていたとき、たまたま新聞でアトリエサラを知りました。

打ち合わせは我々の希望を聞いてもらうことから始まりました。 どんな家にしたいかのイメージを確認しつつ、そこに至った背景を知るため、家族構成やそれまでの生活の様子など掘り下げたやりとりが印象に残っています。 設計から完成までの間、納得のいくまで多くのコミュニケーションが繰り返されました。 時には専門家としての意見を通されることもあり、これがプロなのだなと思え良かったと思っています。 完成するまでわくわく感いっぱいでした。

自分の家に向かって歩いていると塀や門が見えてきます。そこから家に入って寝るまでの間、常に気持ちよく過ごせる空間だと感じながら、今も変わらず満足して住んでいます。アトリエサラにお願いして本当に良かったと思っています。
リフォームのインデックスへ